カナダ・ホワイトホースのくらし / Northern life style

カナダに移住してきて7年目。今はホワイトホースという極北の地に住んでいます。

いぬとくらす

こちらでは犬を飼っている家庭がものすごく多く、自分も元々犬好きなので近い将来犬を飼いたいなと思っていますが、北米の人がなぜ犬を飼っているのかというのを聞いてますます飼いたくなりました。

 

それは子供のため(諸説あります)というのを聞いてとても納得でした。犬の寿命はだいたい長くて15年くらいだと思いますが、その生涯を子供の成長と共にさせることで、最初の5年は我が子のように犬が子供を守ってくれるそうです。そして子供が大きくなると犬はその良き遊び相手になってくれ、10歳を過ぎる頃になると犬は寿命が近づいてきますが、その死をもって子供に命の尊さを教えてくれるという話を聞いて、『犬〜〜〜〜!!!』と叫びたくなりました。近々飼い始めますと思いながら数年経ってしまっています😅

 

そんな犬たちが頑張るユーコンクエストという世界最大級の犬ぞりのレース(ユーコンのホワイトホースとアラスカのフェアバンクスを結ぶ1000マイル、約1600キロを10日以上かけて走破する)が現在開催中です。毎年スタートとゴールが入れ替わり今年はホワイトホースがゴールでその第一集団が昨日ホワイトホースに到着した様子を動画に収めているので是非ごらんください!

 

今年のゴールシーン


世界最速アップ? 2018ユーコンクエストゴールシーン動画 / 海外生活 in ホワイトホース、カナダ Northern life style in Whitehorse, Yukon

 

昨年のホワイトホースのスタートシーンもついでに貼っておきます。

この動画は日本人で出場していた本田さんです。


【カナダ ホワイトホースからアラスカ フェアバンクスへ】Yukon Quest 2017 - ユーコンクエストスタート地点

 

チャンネル登録いただけると嬉しいです。

 

カナダ(ホワイトホース、ユーコン)での信用

いちいち重そうなタイトルですみません。

 

今回書きたかったのはクレジットカードの話。カナダのクレジットカードは皆さん持ちですか?

北米は信用社会です。で、その信用を計るのに一番わかりやすいのがお金ということでクレジットカードを使用してお金を使う、そしてそれを返済するといった履歴を作るということが長いスパンでこちらに住む上でとても重要だと思います。そのためにクレジットカードを作るというのはまず第一段階で、これは銀行口座作った時でもいいし、無料のカードもいくらでもあるので、今クレジットカードがなくてしばらくこちらに住む予定の方は間違いなく作っておいたほうがいいです。使う金額はあまり関係ありませんが、とにかく使って履歴を残すことに意味があります。そして家や車でローンを組みたい場合、最低でも1年半〜2年以上の履歴が必要と言われていますので将来そういった計画のある方は作れる機会にクレジットカードを作ることをお勧めします。そしてクレジットカードを使っているとそのクレジットカード会社から限度枠拡大の提案がたまに来ます。これはカード会社からの信用があるという証明にもなりますので、こういったことも積極的に進めたほうがいいかなと経験上思います。

また今はクレジットカード作れないという人がまず作れる履歴として、携帯電話やインターネット、光熱費などの支払いを滞りなくするというのも意外と重要ですので小さなことかもしれませんができることから長い目で積み重ねていきましょう!

 

日本と違い収入があればローンが簡単に組めるという訳ではないカナダなので(もちろんキャッシュを持ち合わせている方はこの話に関しては除外です)色々と進めることのできる部分、できるときにやっちゃいましょう〜。

 

家の購入などについてはまた今度。

 

 何か聞きたいことあれば聞いてください。

カナダでいきる、日本人として

はい、別にそんな重いテーマではありません。

 

元々自分は海外なんて全く興味のない人間で、大学生の時くらいまでは生まれて死ぬまで日本で生きていくんだろうなと言う感じの生き方でした。なので日本が好きです。日本で勤めていた会社も大好きだったし、全ての面で何の不満もありませんでした。何でこんな自分が海外にいるのか今でもよくわかりません(笑)

 

でも海外に住み始めてから日本のことはそれまで以上に好きになりました。戦後のどん底から日本は本当にすごい成長をしてきたんだと思っています。これは国内にいたらあまり感じないことでしたが、車や電化製品を始めとした日本プランドの信用は圧倒的なもので、自分たちの親世代がコツコツと築き上げてきたそう言った信用は、今自分たちが日本人ということで間違いなく恩恵を受けています。それは人としての信用にもつながっていると思います。もちろん国籍だけで判断ができるとは思いませんが、見た目などと同じように第一印象として相手にいい印象を与えることはほぼ間違いありません。

 

※注:あくまで個人的見解です。ただ商談など様々な初対面の人に会ったりする場合は間違いなくプラスです。それ以上の関係を築くのはその人次第です。

 

特に今回はオリンピックを見ていて急にそんなことを思ったのでとりあえず文章にしておこうと思って書きました。海外にいる日本人は日本人であることを誇りに思って欲しいです。ただそれだけ。

ホワイトホースのあそび

先週はマイナス30度前後の寒い日が続いたホワイトホースですが、その分天気がいいので外に出てきました。通常ホワイトホースでは気温が下がると天気が良くなることが多いです。逆に天気が悪い日は雲がドーム状に街を囲んでいるので気温が上がりやすいですが、どちらがいいかと言えばやはり天気がいい方が気分も晴れます。

そんな寒い中先週はスノーモービルをしてきました。その日もマイナス30度以上の寒さでしたが、手持ちでできる限りの装備でなんとか生還しました(笑)ホワイトホースでは冬の遊びとして夏のハイキングトレイルがクロスカントリーで散策できたり、スノーモービルをしたりと冬は冬でそれぞれ楽しんで生活しています。ホワイトホースにもし来る機会があれば、スノーモービルを積んで走っている車を見かけることも多いと思います。

今は僕自身はスノーモービルは持っていないのですが、今回は友人に乗せてもらってきました。それに感化されて来年はスノーモービル1、2台調達しようか検討中。その日の帰りに早速ティーラーのショールームに寄ってきちゃいました。

 

今年の目標はズバリ自分たちが思いっきり遊ぶです。

 

その時のスノーモービルの動画がこちら↓


マイナス30度でも遊びたい! / 海外生活 in ホワイトホース、カナダ Northern life style in Whitehorse, Yukon

 

ぜひチャンネル登録もお願いします!

 

 

カナダのほけん

急に真面目な話題ですが結構重要なことですよね!

留学やワーホリ等で期間限定の滞在なら日本の保険に入ってくるかと思いますが、これから長年住むとなるとそうもいきません。カナダにも日本でいう国民保険みたいなものがあり、定住者は住んでいる州の保険に入ることができます。これは有料の州もあれば無料の州もあり、例えば僕が今住んでいるユーコンは基本的な保険は無料で入ることができます。その他にも過去に住んだ州ではカルガリーやエドモントンのあるAB州も無料でした。しかしバンクーバーなどがあるBC州は有料でした。BC州は保険も有料だし、消費税も高いしめちゃくちゃ格差社会!家もべらぼうに高い!そのあたりのカナダの不動産事情や家を買ったりの話もおいおいここで書いていきます。

今回は保険の話ですが、基本的に日本の国民保険と似ているのですが、決定的に違うのがカバーの範囲。カナダの保険では歯のカバーはされていないんです。僕は生まれてこのかた親知らずを抜くときくらいしか歯医者に通ったことがないのでそれほど重要視はしていなかったんですが、いざという時やはりあったほうがいい。なので気になる方は自分で保険会社を探して契約しなくてはいけません。こういう保険の制度なのでプライベートの保険会社はもちろん歯だけをカバーする商品が沢山あります。

そしてもう一つ日本と決定的に違うのが処方箋の薬がカバーされていない!これも結構痛い人にとっては痛いかもしれません。僕は昔カナダで網膜剥離の手術を受けました。この時の手術は全て無料だったのですが、手術後にもらった処方箋の目薬の値段が3本で150ドルほど。超高級目薬です。これまで僕自身持病とかもなく処方箋を受けるということがあまり無い人生だったのですが、持病があって定期的に処方箋を受けなくてはいけない方とかは必須の保険です。ちなみにこの時僕は保険に入っていたので2割負担ほどですみましたが、なければとんでもないことになってました。

あとカナダの医療信用できないとか自分の身は自分で守りましょうみたいなふざけた動画も見たことありますが、これは全くもって世間知らずすぎる。100%大丈夫です。手術まで受けてる僕が言うので間違いありません。もちろん最初は不安もありました。ただその不安は単なる自身の勉強不足でしかないと気づきました。普段あまり口にすることのない医療用語は日本語にもありますよね。でも聞けば分かる、ネイティブだし。それは英語も同じ。でも僕らは英語のネイティブではないのでそう言った医療英語は勉強しないとわからないし理解できない。なので医療に対する不安は全く持たなくてもいい。不安を感じるならそれは自分の英語に対する勉強不足ということです。

ま、広い意味で言えば自分で保険に入ったりというのも自分の身は自分で守るってことなんですけどね(笑)自分の身を守るという意味ではファミリードクターをつけるというのもその一つです。

妻がクリニックに勤めていた関係で本当はもう少しそう言ったファミリードクターの話や裏話も含めての込み入ったことも書くつもりでしたが、思ったよりも長くなってしまったので、そのあたりの話も今度気が向いたときに書きます。

ちなみに網膜剥離はDetached Retina。レティーナディスプレイってよく聞きますが、レティーナって目の奥の網膜のこと。レティーナディスプレイって目で実際見て網膜に写るみたいに綺麗な画像ってことですね。

ユーコン冬の生活

今年の冬は例年よりも日々の気温差が激しいホワイトホースです。-40度近くまで下がったと思ったら翌週には0度近くまで上がったりして、-40からの0はもはや体感でいうと夏です。そんな日はスタバでフラペチーノ頼んじゃいます。

それでも冬に欠かせないのは部屋の暖房です。基本的に冬の期間は24時間体制で部屋の中を温めていて、外は−40度なのに家に帰ったら半袖半パンで過ごすなんてことも当たり前。ただし、電気代はかかるので要注意です!

(アパート等のレントの場合は冬のヒーター代が含まれているところがほとんどなのでご安心を)

ちなみに先月のうち電気代がこちら↓

f:id:koheisugie:20180209021510j:plain

あちゃーです。でも命には変えられない。そんなユーコンで電気代を節約する方法が一つあるんです。それが薪ストーブ、いわゆる暖炉です。人類史上最大の発見とも言える火の力は本当にすごいです。

 

そしてその暖炉の火を保つための薪ですが、ユーコンでは申請をすれば指定エリアから自由に木を調達していいんです。その様子がこちら↓


ハードな薪探し / 海外生活 in ホワイトホース、カナダ Northern life style in Whitehorse, Yukon

 

ホワイトホースはとても田舎ですがそれなりにチェーン店なども進出しており、基本的に生活に困ることはありません。もちろん手に入りにくい日本食材などはありますが、個人的には全く問題ないし、こういったカナダっぽい自然との融合した生活を楽しめる場所でもあるので、適度にアウトドアを楽しみたいという人にもとてもオススメの場所です。

 

 

 

ホワイトホースに住んで

初めての投稿です!

現在カナダでの暮らしはトータルすると7年目、それでもやっと日本を出た頃の暮らしに近づいてきたかなという状況です。今住んでいるのはオーロラの見える街ホワイトホースというところです。

 

まだまだホワイトホースという街は情報が少なく、そんな中でも検索をすると移民がし易い州であると言った情報が多く流れていて、ただ永住権目的で来られる方も多いようですが、今現在私自身この場所に身を固めている身としては、それ目的だけで来るには勿体無い!と感じてやみません!

 

おそらく旅行や留学等で来る日本人が見ているホワイトホースの魅力は1割にも満ていません。それは私自身傭われガイドとして働いていた時に感じたことで、多くの日本人はオーロラ目的で冬にこのホワイトホースにやってくることがほとんどですが、自分で起業を決めて色々と調べるにあたりわかったことが、ユーコンの年間訪問者数の9割以上はオーロラの見えない夏に訪れいているということでした。

オーロラを見るにあたりホワイトホースはイエローナイフの劣化版(笑)?

いやいや、そんなことないです!観光産業としてはホワイトホースの方がイエローナイフより遥かに大きいんです。約3−4倍ほど。ただ日本人に知られていないだけです。これが自分がこの場所で起業しようと思った経緯でもあります。そう言ったことも今後はブログで書いていきます。

 

人によると思いますが、自力での移民への道は長く険しいものだと思います。しかしその先の人生の方が遥かに長いし、この異国で私たちエイリアンが生きていくことは決して簡単ではありません。特に僕自身も日本人夫婦で暮らしているので、どこに行ってもゼロからの出発です。なのでそう言ったリアルを永住権を目指す方々にお伝えできればと思って現在色々な情報発信の土台作りをしているところで、このブログもその一環です。ちなみにYoutubeの動画なども定期的にアップしているので、文章読むの面倒臭い!という人は是非そちらも合わせてご覧いただければと思います。