カナダ・ホワイトホースのくらし / Northern life style

カナダに移住してきて7年目。今はホワイトホースという極北の地に住んでいます。

選ぶことができる

先週バンクーバーにつかの間のリフレッシュに行ってきました。久しぶりにPCを持たないフライトでリラックスした旅行でした。バンクーバーではラーメン、牛角、ダイソー、居酒屋などなど日本にまみれた生活を満喫しました。選択肢があるってことはとてもいいことです。そしてこの選択肢があるということをホワイトホースから出るたびに考えさせられます。

 

これまでは夫婦二人の行きたい場所、やりたいことなど二人の好きなように生きてきましたが、恐らく将来子供ができたら子供がやりたいことなども考えながら生活をしていくことになると思います。自分たち自身は子供の頃から習い事、やりたいこと、興味のあることは親から積極的に与えられて育ってきました。とても恵まれた境遇だったと思います。そしてその意に沿ってそれを与えることができる環境でもありました。

 

年齢を重ねてきて家族にしても、仕事にしてもベクトルが徐々に自分自身から外へ向くようになってきました。家族に関してはまだ子供もいないので空想の話でしかありませんが、仕事に関しては、これまで自分のしてきた勉強、経験、コネなど全てを若い世代に引き継ぐ気持ちでいつも話をしています。

 

そしてバンクーバーに行くたびに考えさせられるのが将来子供ができた時の選択肢のことです。ホワイトホースは水がきれい、空気がきれいで確かに子育てする環境にはいいなと自分たちも思っています。ただお世辞にも教育レベルが高いとは言えず、習い事などの種類も豊富とは言えません。ユーコン出身の人が、大学へ行くために州外に出たけど、途中で諦めて帰ってきちゃうとかいう話もよく聞くし、例えば現状でいうとユーコン出身の医者は確か州内にはいないと思います。でもそうやって競争する場所に慣れなかった人とかもガバメントで働くことができるというのがホワイトホースの現状で、多分そういう人はもっと増えていく=村社会がますます加速して生き辛くなるんじゃないかという懸念がものすごくあります。

 

できるだけ子供が何かをやりたいということに対してはそれを叶えてあげたいと思いますが、それがホワイトホースにいるからできない、バンクーバーやトロント、日本にいたらできたことなのかということは可能な限り避けたい。そう考えると子供ができたら選択肢がある街に住んだ方がいいのかとか、高校入る時に自分で選ばせればいいのかとか、バンクーバーから帰ってきたら伝統芸能のように毎度同じようなことを考えさせられます。

 

もちろんユーコン出身の人で州外でバリバリ成功している人もいるでしょう。ただ相対的に見てその割合は著しく低いんじゃないかなという個人的な感想です。実際ユーコンにもよく知る素晴らしいビジネスオーナーがいますが、ホワイトホースにいる医者と同じく実はユーコン出身じゃない人が多いのも実情です。

 

自分が日本でもどこか田舎の出身だったらこうは思わなかったかもしれません。ちょっと前にホワイトホースで満たされてるって書いたばっかりなのにどっちやねんっていうツッコミ入れたくなるブログでした(笑)

 

 

テレビもねぇ、ラジオもねぇ、車もそれほど走ってねぇ。

もはや歌のモチーフとなった吉幾三の生まれ故郷よりも人口少なくて田舎かもしれませんが、どれも満たされています。車ないと生活できません。

 

ある程度カナダワイドのチェーン店も進出しているし、通販もしっかり自宅に届くので生活の面での不自由は一切ないのですが、長期スパンでここで生きていくにあたってはやはり人とのつながりを意識せざるをえません。もちろんそういったもの遮断して生きていくことも可能だと思いますが、だったらビザ的なストレスも一切ない日本の田舎でいいじゃんというのが僕個人的な考えです。国内の失業率等々を考えると日本の方がよっぽど生きていけるための仕事もあります。

 

現在ビジネスを進めるにあたってやりたいこと、やらなきゃいけないこと、やるべきことが常に交錯していていますが、現状としてやりたいことをいかにやらなきゃいけないこと、やるべきことに変化させていくかがとても重要になっています。

特にやりたいことに関しては、自分の動き方はもちろん、それまでの経験や周りの助け色々な要素が重なって形にできるできないがはっきりしてきますが、いろいろとモヤモヤしながら動いていた2017年が2018年は色々と形になり始めている+周りの助けも大きくなってきているというのもあり、やりたいという会社的、個人的願望から、やるべきことへと変貌してきているというのが2018年のちょっとした変化です。

 

異国で生きていくにあたって重要視していることが、自分たちの生活維持ももちろんですが、それ以上にこの地に暮らしている人(現在だとユーコナーたち)になにかを還元していかないと意味がないと思っています。なぜなら自分たちはたとえ永住権を持っていても異物な訳ですから。タイタニックでいうとディカプリオが乗っていた3等客船の乗客です。何かあったら柵かけて締め出されちゃいますよ(笑)かといって寄付をするほど余裕もないし、だったら何をするって考えた時にがむしゃらに働いて稼いで国や州に税を納める、これに尽きると思っています。また、ユーコンでビジネスをしている人を稼がせるというのもとても重要で、そうすれば自分たちの規模では現状無理だった雇用なども生み出せるわけで、2018年の残りはそのあたりの話をきちんと形にするということが目標となっています。そうなると次の冬は日本人の働き手を探すことになりますが、果たして見つかるだろうか。。。

 

適当に動画貼り付けておきます。


一応上から見てみたけど自然しかなかった。 / 海外生活 in ホワイトホース、カナダ Northern life style in Whitehorse, Yukon

 

 

ホワイトホースの春

最近気温がプラスになる日もあり、一気に雪解けが進んでいるホワイトホースです。何年も住んでると肌の感じも冬仕様になっているのかなと感じる今日この頃です。

とりあえずもう一ヶ月もすると一般的な冬のオーロラシーズンが終わりいよいよ一番ホワイトホースがもりあがる夏シーズンへと突入していきます。春先はキャンプ行ったり、バンクーバー行ったり、ポートランド行ったりと予定が目白押しているので少しバタバタですが、久しぶりにホワイトホースを出るので仕事はちゃちゃっと済ませてラーメンでも食べに行こうと計画中。

 

春先は観光シーズンこそ落ち着きますが、晴天率でいうとオーロラも結構いい時期なんです。でも全然ツアーとかはやっていないので、この時期こそ地元の人はオーロラを楽しめると思います。

 

ちょっと今色々と立て込んでて心ここに在らずで書いているので内容が薄くてあーあって感じだし、動画も全然撮る時間ないし、惰性でアップしてすみません。

 


【カナダ ホワイトホース】A Day of Whitehorse

 

これ撮ったの1年以上前かー。

オリンピック終わった

別にユーコンに住んでるからって特別なことは何もないですよ!!

日本で暮らしていた時ほど、欲しい時に欲しいものが手に入る環境でこそありませんが、いたって普通の暮らしをしています。なんなら日本に住んでいてあまり外食とかしない人よりも外食もしてるかもしれません(笑)不便なのは少し日本よりは寒いのと、個人的にとても欲している納豆と明太子が現地では手に入らないくらいです。

はい、タイトル通りオリンピック終わりました。こんな感じで世の中の流れにもちゃんとついていけます。ただやっぱりお国柄かカーリングの放送がやたら多かったのがやや不満。これは前回のソチの時もそうだった。。。でも個人的にはここ20年くらいでは大満足のオリンピックでした。それもこれもスノーボードが盛り上がったからか、特に男子ハーフパイプは全競技通じてもあんな接戦で劇的な決着はなかったんじゃないかな。

ちなみに今更オリンピックネタ書いてるのは情報が遅れて入ってきてるわけではありませんよ!(笑)

ただ自分が怠惰なだけです。

本を読む

お題「好きな作家」

 

書くことに困ってきたのでこのブログに搭載されているお題スロットというものに頼って文章を垂れ流そうと思います。

 

これまで7年ほどカナダに住んでいて、何か手に入らなくて困ったという経験はあまりないのですが、強いて言うなら本かなと思ってこのお題を選んでみました。大学生の頃は毎月一回発行の大学新聞で記事を書いたり、フリーランスでプロスポーツチームの専属の広報誌を担当していたりとなんかそれっぽいことをしていたのですが、文章を書いたり、人と会話するにあたり自分自身のボキャブラリーなどの情報源となっていたのはやはり生きた文章でした。

 

まずは新聞を読む。ここでタイムリーな情報を仕入れます。次に雑誌を読む。気になったニュースなどをより掘り下げて知りたい時は雑誌を読みます。基本的にスポーツ雑誌です(笑)本は基本的には本屋を徘徊して平積みになっていたり話題になっている本を読み、さらに通学途中はラジオを聴く。当時はインターネット等も今ほどではなかったのでとにかく自分で動かないとダメだったような気がします。今は手元でいろいろな情報が手に入りますが、当時は情報(新聞雑誌)を買わなくてはいけなかったので、インプットに対する意欲も知らないうちに上がっていたのかなと改めて感じます。

 

で、何が言いたかったのかというと、こちらに住み始めてからあまり本を読んでいないなと。。。適度に情報は入れているつもりなんですが、やはり無料で手に入る情報では頭に残っているものも薄くて少ない。デジタルネイティブが聞くとおっさんの戯言かと思います。現状大学時代や社会人時代の遺産で何とかやり過ごしていますが、そろそろストックが切れてきた(笑)特に日本人相手にビジネスの話をすることも増えてきているのでそういったときに対等に話ができないと同じ舞台で話が進まない。海外に住んでいるからというのはもはや言い訳。ホワイトホースは田舎だからとか、マサイ族でもスマホを持つこの時代にそんな言い訳は通用しない。

 

そこで本を読まないとなと思うのですが、いかんせん海外に本を持ってくるのは大変な苦労です。何せ重い。。。そこで意を決して購入したのがアマゾンのキンドル。高まる期待感。とにかく当時スポーツ雑誌のNumberで記事を書きたかった自分は山際淳司や二宮清純を読み漁り、フィクション系だと鈴木光司のリングでホラー小説にはまり貴志祐介なども全て読みました。あとデビュー作でバトルロワイアルのパクリっぽい設定と言われていたリアル鬼ごっこの山田悠介や、当時最年少で芥川賞を受賞した綿矢りさとか、妖怪小説の京極夏彦とかとにかくいろいろ手を出して、例えば綿矢りさだったら芥川賞受賞する前にもう知ってた、本読んでたとか、当時はホラー映画も全盛で映画化される前に本読んでたとか、勝手に先取った感に浸るというのがとても好きだった。他にもベタに宮部みゆきとか恩田陸とか湊かなえとか手広く本は読んできて、ここで名前が挙がった作家は頭に残ってるということで好きな作家になるのかなと強引にタイトルにこじつけます。

 

ただそういった情報のストックが底をついてきてる感が最近すごくキンドルを買ってとりあえず気になるビジネス書などを数冊購入したのですが。。。

 

やっぱり紙がいい。。。

 

 

いぬとくらす

こちらでは犬を飼っている家庭がものすごく多く、自分も元々犬好きなので近い将来犬を飼いたいなと思っていますが、北米の人がなぜ犬を飼っているのかというのを聞いてますます飼いたくなりました。

 

それは子供のため(諸説あります)というのを聞いてとても納得でした。犬の寿命はだいたい長くて15年くらいだと思いますが、その生涯を子供の成長と共にさせることで、最初の5年は我が子のように犬が子供を守ってくれるそうです。そして子供が大きくなると犬はその良き遊び相手になってくれ、10歳を過ぎる頃になると犬は寿命が近づいてきますが、その死をもって子供に命の尊さを教えてくれるという話を聞いて、『犬〜〜〜〜!!!』と叫びたくなりました。近々飼い始めますと思いながら数年経ってしまっています😅

 

そんな犬たちが頑張るユーコンクエストという世界最大級の犬ぞりのレース(ユーコンのホワイトホースとアラスカのフェアバンクスを結ぶ1000マイル、約1600キロを10日以上かけて走破する)が現在開催中です。毎年スタートとゴールが入れ替わり今年はホワイトホースがゴールでその第一集団が昨日ホワイトホースに到着した様子を動画に収めているので是非ごらんください!

 

今年のゴールシーン


世界最速アップ? 2018ユーコンクエストゴールシーン動画 / 海外生活 in ホワイトホース、カナダ Northern life style in Whitehorse, Yukon

 

昨年のホワイトホースのスタートシーンもついでに貼っておきます。

この動画は日本人で出場していた本田さんです。


【カナダ ホワイトホースからアラスカ フェアバンクスへ】Yukon Quest 2017 - ユーコンクエストスタート地点

 

チャンネル登録いただけると嬉しいです。

 

カナダでの信用

いちいち重そうなタイトルですみません。

 

今回書きたかったのはクレジットカードの話。カナダのクレジットカードは皆さん持ちですか?

北米は信用社会です。で、その信用を計るのに一番わかりやすいのがお金ということでクレジットカードを使用してお金を使う、そしてそれを返済するといった履歴を作るということが長いスパンでこちらに住む上でとても重要だと思います。そのためにクレジットカードを作るというのはまず第一段階で、これは銀行口座作った時でもいいし、無料のカードもいくらでもあるので、今クレジットカードがなくてしばらくこちらに住む予定の方は間違いなく作っておいたほうがいいです。使う金額はあまり関係ありませんが、とにかく使って履歴を残すことに意味があります。そして家や車でローンを組みたい場合、最低でも1年半〜2年以上の履歴が必要と言われていますので将来そういった計画のある方は作れる機会にクレジットカードを作ることをお勧めします。そしてクレジットカードを使っているとそのクレジットカード会社から限度枠拡大の提案がたまに来ます。これはカード会社からの信用があるという証明にもなりますので、こういったことも積極的に進めたほうがいいかなと経験上思います。

また今はクレジットカード作れないという人がまず作れる履歴として、携帯電話やインターネット、光熱費などの支払いを滞りなくするというのも意外と重要ですので小さなことかもしれませんができることから長い目で積み重ねていきましょう!

 

日本と違い収入があればローンが簡単に組めるという訳ではないカナダなので(もちろんキャッシュを持ち合わせている方はこの話に関しては除外です)色々と進めることのできる部分、できるときにやっちゃいましょう〜。

 

家の購入などについてはまた今度。

 

 何か聞きたいことあれば聞いてください。