カナダ・ホワイトホースのくらし / Northern life style

カナダに移住してきて7年目。今はホワイトホースという極北の地に住んでいます。

生きやすい?

最近とても考えさせられることが多い毎日です。ホワイトホースは空気がきれい、水がきれい、とても田舎だけど郊外にコミュニティもできてきて肌で街の成長を感じることができ、私自身もそれほど不自由なく暮らして居る訳ですが、その自分の感覚とは反比例し、住み辛さを感じる人が多くなってきているのも事実です。

 

自分自身も移民なのでとても葛藤があります。特に今居るユーコンは原住民と呼ばれる人たちが人口の約25%を占めています。そしてこの原住民と合わせてユーコナーと呼ばれるユーコン生まれユーコン育ちの人もいるわけですが、そう言ったむかーしからユーコンに住んでいる層からははっきり言うと人口が増えていることに対してネガティブな意見が多いのも事実。

 

確かに自分の生まれ育った場所に置き換えてみると、急に地元のスーパーとかで外国人の労働者が増え、それも入れ替わりたちかわりでよくよく聞くとビザが取りやすいから。それは確かに嫌だなって思うかもしれない(笑)地元なめんなって(笑)

 

つまりは何が言いたいのかというと、結局は生まれ育った場所が一番住みやすいのかなーって。