カナダ・ホワイトホースのくらし / Northern life style

カナダに移住してきて7年目。今はホワイトホースという極北の地に住んでいます。

タトゥーについて考える

7月1日はカナダデーという日本でいういわゆる建国記念日みたいなものがあったのですが、この日はいたるところでお祭りムードとなります。パレードがあったりで店が出ていたり、コスチュームやドレスアップしてパレードに参加したりして楽しんでいる人もいるのですが、その中でディズニーのアリエル(?)の格好をした女性にとても違和感を抱いてしまった話です。

その女性はディズニープリンセスのコスプレのような格好だったのですが、いわゆる肩出しのドレスでした。そしてその肩は全てタトゥーで覆われていてどうしてもディズニー=タトゥーのイメージが結びつかずとんでもない違和感に追われた1日となりました。タトゥーは日本でのイメージはあまり良くありませんが、自分もそういったイメージを持つ日本人の一人です。こちらに長く住み少しはそのイメージは薄れてきてはいますが、TPOで変わる見え方でまだまだ自分は典型的な日本人だなと考えさせられました。しかしそういった考え方に関してもカナダはやや日本的なのかなという感じを受けます。

例えば、エアカナダの客と関わる職種(サービスカウンター、CAなど)に関してはは見える場所のタトゥーは禁止らしいです。妻が昔入社の際コンプライアンスなどの研修であったと言っていました。あと、クリニックでも受け付けは表面上は禁止と言われているそうです。またホワイトホースを始めとしたカナダ国内で僕が知るビジネスオーナーも見える場所にタトゥーがある人はあまり思い当たりません。ちょっと飛躍しますが、大統領でもタトゥーがある人は見たことないですよね。。。

つまりしかるべきポジションや職場、職種、人に関してはそういうことなんだなと。

例えばですが採用の際、同じ見た目、能力で、タトゥーのあるなしだけの違いしかない2人がいたとしたら、ない方が採用される確率が高いのではないかというのがカナダです。もちろん個人的な考察なので大いに間違った見方もあるでしょう。ですが例えばこう言った判断を迫られたり、相手に迫らなくてはいけなくなった時に、分かりやすく言うと上記のように全く同じ見た目、能力の二人が大卒か高卒かという違いがあるとしたら、、、世の中的に採用される方は決まってきます。むしろ大卒高卒なんて括りで言うなら北米の方が圧倒的に学歴社会で給料への反映もハンパないです。そういった2択を迫る場合しっかりと選ばれる自分にならないとなということを心がけて生きていこうと改めて思いました。これは世界のどこにいてもです。

ベースとなる能力はもちろんですが、その上に重なっていくこともしっかりと考えていかないとなとタトゥーアリエルから考えさせられた、そんなカナダデーの1日でした。


雨でもやります、snow peakテントのタープ機能大活躍 / 海外生活 in ホワイトホース、カナダ Northern life style in Whitehorse, Yukon

 

頼むから冬来ないで。

でも今年は秋頃少しアメリカ旅行して半年ほど日本にとどまる予定です。